乳がん…私だけは大丈夫。それって本当?~乳がんを、愛して乗り越えた一人の女性のStory

株式会社 スピカ・プレイス

090-9806-8535

〒102-0074  東京都千代田区九段南4-7-19 ツボヤビル4F-1

【営業時間】10:00〜22:00

lv

乳がん…私だけは大丈夫。それって本当?~乳がんを、愛して乗り越えた一人の女性のStory

Spica通信

2017/10/17 乳がん…私だけは大丈夫。それって本当?~乳がんを、愛して乗り越えた一人の女性のStory

佐久間郁子さんにお会いして

 

郁子さんは10年ほど前乳がんを発症されて、苦しい闘病生活を送られた女性です。

3人いらっしゃるお子さんは当時まだ小学生、一番下のお子さんに至っては年少クラスだったそうです。

 

ご自身の中でショックと不安はもちろん強く、母として妻として女として深い悲しみに落ちたことは言うまでもありません。

 

しかし、もともと人生の理をご存知だったのでしょう。

その病を前向き受けいれ、ご夫婦で立ち向かっていったそうです。

 

発病する前は若干倦怠ムードだった()ご夫婦仲は病を前にした時、互いの心は次第につながっていったと語ります。

 

身体を治すことは気づくこと。

もともと学んでいた気功によって自分と向き合うことで、なぜ今自分が病気になったのかについても気付きを得、前向きに治療に取り組むことができたそうです。

 

病とは当然ネガティブなもの。しかし、それをどう受け止め、対処するかでポジティブなもの変えることができることもあるといいます。

 

人生それなりの時間生きてきて、数々の経験が自分を育ててきた。

その見えない強さはたとえ明日ガンになっても乗り越えられる蓄積があなたたちにはあるんだよと教えてくれている。

 

そんな郁子さんと話しながら、病気であろうとなかろうと今日今この一瞬を楽しんで大切に生きようと、素直に思いました。命というものに対し真摯な気持ちになる、そんな素敵な時間をいただきました。

 

郁子さんを囲んで下記イベント開催します。

イベントはこちらから

 

img_9523

TOP